トップ / 法定相続分は嫡出子と同額に

非摘出子が相続するために

法定相続分は嫡出子と同額に

非嫡出子の法定相続分

平成25年12月5日、非嫡出子の相続分が嫡出子と同額になりました。この決定は、平成25年9月4日の最高裁判所大法廷での非嫡出子の相続分が、嫡出子の相続分の2分の1であることは憲法違反であるという決定に基づいています。この決定と法律の改正で、非嫡出子も子供として同じだけ財産を相続する権利を得ることができるようになったのです。

嫡出子と同じ相続分を得られるのは、平成25年9月5日以降に開始した相続に限られます。ですが、平成13年7月1日以後に開始した相続であれば、遺産分割が終了していない場合は嫡出子と同じ相続分を相続できる可能性があります。これは最高裁判所大法廷の違憲決定があるからです。

これから遺産相続の話し合いが始まる、もしくは最近になって遺産相続の権利があることが分ったという方は、嫡出子と同じ相続分を相続する権利があります。

相続人の相続額は法律によって決定されています。配偶者は相続額の2分の1.子供は1人の場合は2分の1になりますが、この2分の1を子供の人数で分割します。もし子供が2人であれば、1人当たり4分の1になります。

ですが、非嫡出子は相続分が嫡出子の2分の1でしたので、嫡出子が1人、非嫡出子が1人のとき、配偶者は2分の1、嫡出子が6分の2、非嫡出子は6分の1の相続しかできませんでした。ですが、法律改正後は嫡出子と同じ額を相続できるようになりましたから、配偶者2分の1、嫡出子4分の1、非嫡出子4分の1という割合になります。

非嫡出子の相続の順位は、嫡出子と同じ位置で、配偶者の次になります。被相続人(亡くなった人)の親は、嫡出子、非嫡出子の次で、被相続人の兄弟は一番最後になります。

平成25年12月5日の法律改正は、非嫡出子の相続分の変更だけで、相続順位の変更はありません。

Copyright © 相続における立場の違いとは. All rights reserved.