トップ

非摘出子が相続するために

相続における立場の違いとは

嫡出子と非嫡出子について

自分は非嫡出子だった。この事実を知ったときのショックは大きいです。年齢に関係なく、自分の父親が自分だけのものではなかった、他人の父親だったという事実は、深い悲しみをもたらします。

そんな悲しみを負った方の多くが、父親の死で遺産相続に巻き込まれます。相続について弁護士に相談したい場合はこちら。正しい知識が無ければ相続できない遺産があります。非嫡出子の遺産相続権について正しい知識を学んでいきましょう。

子供の立場を親から見たとき、嫡出子と非嫡出子の2つがあります。婚姻関係がある中で生まれた子供が嫡出子で、婚姻関係が無い中で生まれた子供が非嫡出子です。婚姻関係がある中で生まれた子供も2つに分類され、推定される嫡出子、推定されない嫡出子に別れるというのはご存知でしょう。

推定されるか、されないかは、両親の婚姻の日が起点になり、婚姻の届出の日から200日以降、婚姻の解消、取り消しから300日以内に妊娠した子という規定があります。この規定以内に生まれた子供は推定され、これ以外の子供は推定されない嫡出子になります。

親の都合で子供の地位が変わってしまうのは辛いことですね。
相続について悩んでいるならこちら

子供と父親の関係は、法律上では母親と婚姻関係にあるかどうかで判断されます。ですから、父親は婚姻関係にあっても、この子は自分の子供ではないと宣言することができます。

この宣言には2つの方法があり、1つは嫡出否認の訴えで、もう1つは親子関係不存在確認の訴えです。嫡出否認の訴えは期限が決められていますが、親子関係不存在確認の訴えには期限が無く、いつでも親子関係は無かったと宣言することができてしまいます。

この訴えができることで、嫡出子でも推定されない嫡出子は、相続においてその権利の一切を失います。

できちゃった婚などで生まれた子供は、非嫡出子よりも実は不安定な立場にあるのです。

Copyright © 相続における立場の違いとは. All rights reserved.